東洋医学研究センター ‖ Oriental Medicine Research Center

※ノンペインACの技術により、痛みをほとんど感じません。

※当院ではすべて使い捨てのハリを使用しています。

不妊治療について

近年、鍼灸による不妊治療の成果が科学的にも実証され、西洋医学で解決できずに鍼灸治療に切り替えられる方、また西洋医学と鍼灸治療を併用される方が増えてきています。
不妊は大きく分けて、形態的な問題から不妊になる器質性不妊と、形態的には問題ないが、機能の低下から不妊になる機能性不妊に分けられます。このうち、鍼灸治療が大きく力を発揮するのが後者の機能性不妊です。

機能性不妊は主に、ストレスからの自律神経の乱れによる生殖器の機能低下と年齢的な生殖器の衰えにより起こります。
この数十年間の人を取り巻く環境の急激な変化によるストレスで、多くの人が自律神経のバランスを崩し、体調の不良を訴えています。
なかでも個体の維持に直接関係しない生殖器は最も影響を受けやすい臓器の1つです。ストレスにより生理不順になったり、 インポテンスになったりする例でもお分かりいただけるかと思います。
また、不妊治療にいらっしゃる方の中には、不妊治療自体が大きなストレスとなり自律神経のバランスを一層崩す要因となっている方も少なくありません。
このような症状に対して鍼灸治療は心身の緊張を取り除き、自律神経のバランスを回復し、全身の状態を整えます。それと同時に生殖器に直接関わる経穴(ツボ)を刺激して機能を活性化していきます。これは年齢的な生殖器の衰えにも効果的です。
さらに当院では必要に応じ自律訓練法などの心理療法も取り入れています。

☆ 治療はすべて個室で行い、女性専用室もございます。

☆ 不妊治療は3ヶ月を1クールとして行い、男性不妊、ご夫婦一緒の治療も受け入れています。

☆ 無料相談(要予約)、E−MAILによるご質問も承っております。

所属学会

◇日本生殖医学会 ◇日本不妊カウンセリング学会 ◇日本ストレス学会 
◇日本抗加齢医学会

婦人科鍼灸について

更年期障害、生理痛、生理不順など婦人科疾患には女性ホルモンと自律神経の乱れが関係しています。それらには微弱かつ適切な刺激であるハリ治療を行うと根本から体調を整えられ効果的です。
他のストレス関連疾患と同じように、生活環境の急激な変化に伴い、これらの婦人科疾患も増加しています。長年ストレス関連疾患のハリ治療を手がけてきたなかで、婦人科疾患の治療も行ってまいりました。
多くの方から「日々の生活が楽になった」「くすりに頼らなくてもすむようになった」
とのお言葉をいただいております。

[主な適応疾患]

更年期障害、生理痛、生理不順、生理前緊張症、冷え性、つわり、逆子

付属治療院のページへ >>

このページのTOPへ ▲

<<HOME

東洋医学研究センター